投稿日:2017年08月22日  カテゴリー:VR  投稿者:SingularityMaster

■Unityではモーションも自分で作る必要はない

VR開発初心者にとってキャラクターのモーションを作るのは至難の業です。ですが、Unityではキャラクターのモーションもアセットストアで入手できます。アセットストアで入手したモーションは、簡単に自分のキャラクターに設定することができます。

※内容的には前回の記事『Unity2017で5分で出来る美少女召喚』の続きです。

 

■ユニティちゃんにモーションを設定する

 

 

前回作成したユニティちゃんのプロジェクトを開きます。

 

 

ダウンロードした「UnityChan」フォルダにはモーションのデータも含まれています。左下Project画面から「UnityChan」→「Animators」フォルダを開きます。中に『UnityChanActionCheck.controller』というファイルがあります。これがモーションのデータになります。

 

 

モーションデータをユニティちゃんモデルに設定します。『UnityChanActionCheck.controller』を、Hierarchey画面の「unitychan」までドラッグします。これでモーションの設定は完了です。

 

 

再生ボタンを押してVRヘッドセットを被ってください。モーションを設定する前は、ユニティちゃんは両手を上げて直立不動でした。モーション設定後は、ユニティちゃんが腕を下ろし、呼吸をし、瞬きをしているはずです。

今回設定したモーションデータには、このモーション以外にも色々なモーションが設定されています。次はモーションの切り替えをしてみます。

 

前の記事 次の記事

Powered By

Copyright (C) 2017 テクノロジーカフェシンギュラリティ. All Rights Reserved.