投稿日:2017年10月09日  カテゴリー:VR  投稿者:SingularityMaster

■『Avatar Grab Sample』について

OculusTouchを使ったコンテンツを作成するにおいて、『Avatar Grab Sample』という非常に参考になるサンプルがあります。これはOculusの中の人ことmfmfさんが作ったサンプルです。

ただし、少々古いサンプルなので、Unity2017+OculusSDK1.16.0の環境において、いくつか修正しないといけない部分があります。この記事では、その修正とサンプルを使うところまで紹介します。

 

■『Avatar Grab Sample』の入手

まず、『Avatar Grab Sample』を入手します。『Avatar Grab Sample』はOculusDevelopersフォーラムのこちらでダウンロードできます。

 

 

ダウンロードしたらzipファイルを解凍して、中にある「AvatarGrabSample」というUnityPackegeFileを実行して、Unityにインポートしてください。実行する先は、前の記事までで作成してきたプロジェクトにお願いします(Unity2017+OculusUtilities1.16.0-beta + Oculus Avator SDK1.16.0 + Oculus Platform SDK1.16.0の環境)。

インポートが完了すると、Assets内にSamplesというフォルダができているはずです。

 

 

このSample->Contentフォルダ内にAvatarWithGrabというUnityファイルがあるのでこれを開きます。これがサンプルシーンなのですが、エラーが出て実行できないはずです。なのでまずバグを修正します。

 

■バグの修正(その1)

「Assets/OVR/Scripts/Util/OVRGrabber.cs(105,33): error CS1061: Type `OvrAvatarDriver' does not contain a definition for `GetCurrentPose' and no extension method `GetCurrentPose' of type `OvrAvatarDriver' could be found. Are you missing an assembly reference?」というエラーが発生しているはずです。

Unity2017+OculusSDK1.16.0環境下では、足りない定義があるのでそれを加えていきます。

 

 

Assets->OvrAvatar->Scriptsの中に、「OvrAvatarLocalDriver.cs」というスクリプトファイルがあるので、それを開きます。このスクリプト中の、40行目あたりに以下の定義一式を追加します。

 

    public bool MyGetCurrentPose(out PoseFrame pose)
    {
        pose = new PoseFrame
        {
            voiceAmplitude = voiceAmplitude,
            headPosition = UnityEngine.VR.InputTracking.GetLocalPosition(UnityEngine.VR.VRNode.CenterEye),
            headRotation = UnityEngine.VR.InputTracking.GetLocalRotation(UnityEngine.VR.VRNode.CenterEye),
            handLeftPosition = OVRInput.GetLocalControllerPosition(OVRInput.Controller.LTouch),
            handLeftRotation = OVRInput.GetLocalControllerRotation(OVRInput.Controller.LTouch),
            handRightPosition = OVRInput.GetLocalControllerPosition(OVRInput.Controller.RTouch),
            handRightRotation = OVRInput.GetLocalControllerRotation(OVRInput.Controller.RTouch),
            controllerLeftPose = GetControllerPose(OVRInput.Controller.LTouch),
            controllerRightPose = GetControllerPose(OVRInput.Controller.RTouch),
        };
        return true;
    }

 

次に、Assets->OVR->Scripts->Utilの中に「OVRGrabber.cs」というスクリプトファイルがあるので、それを開きます。このこのスクリプト中、105行目の

m_avatar.Driver.GetCurrentPose(out frame);

を削除して、

((OvrAvatarLocalDriver)m_avatar.Driver).MyGetCurrentPose(out frame);

に変更します。

 

■バグの修正(その2)

「The referenced script on this Behaviour is missing!」という警告がいっぱい出ているはずです。これは、このサンプルが作られた当初といくつかSDK内のファイル名が違っているのが原因です。

 

 

Assets->OVR->Scripts->Utilの中に、「OVRGrabber.cs」と「OVRGrabbable.cs」いうスクリプトファイルがあります。このファイルの名前のOVRを削除して、それぞれ「Grabber.cs」と「Grabbable.cs」というファイル名に変更します。

 

■バグの修正(その3)

エラーメッセージは表示されなくなりましたが、まだモノを掴むことができません。これは「Grabber.cs」にAvatarオブジェクトが設定されていないせいです。

 

 

HierarchyビューのLocalAvatar->grabber_leftオブジェクトを選択して、Inspectorビューを見ます。Grabberスクリプト中にAvatarという欄がありますが、そこに何も設定されてないはずです。

なので、Assets->OvrAvatar->Content->Orefabの中に、LacalAvatar.prefabというファイルがあるので、これをそのAvatar欄にドラッグして設定します。同様にして、grabber_rightオブジェクトにもLacalAvatar.prefabを設定します。

 

これで『Avatar Grab Sample』を正常に実行することができるはずです。ただし、まだ「No Oculus Rift App ID has been provided.」というエラーが出ていて気持ちが悪いのでこれも修正しておきます。

 

■OculusAppIDの取得、設定

「No Oculus Rift App ID has been provided.」を解決するためには、OculusAppIDを取得し、設定する必要があります。OculusDevelopersサイトのManageにアクセスしてください。このページの「Create New App」をクリックします。するとGearVRかOculusRiftかの選択肢が表示されるので、OculusRiftを選んでください。

 

 

次にアプリ名の入力画面が表示されるので、適当なアプリ名を入れて「Save and Continue」をクリックします。

 

 

次の画面に表示されるAppIDという欄の16桁の数字がOculusAppIDになります。これをコピーします。

 

 

Unityに戻って、ツールバー中の「OculusAvatars」をクリックします。Inspector画面にOculusRiftAppIDの入力欄が表示されるので、コピーしたIDをペーストします。

これでエラー表示はなくなるはずです。

 

■『Avatar Grab Sample』の実行

『Avatar Grab Sample』を実行してみましょう。

 

 

テーブルの上に並んだブロックを手で掴むことができるはずです。掴んだブロックを放り投げたり、他のブロックに衝突させることもできます。

これはOculusTouchを使ったコンテンツを作るうえで非常に参考となるサンプルです。これをベースに様々なコンテンツを作ることができます。これをテンプレートプロジェクトとして保存しておくと良いでしょう。

 

次の記事では、この『Avatar Grab Sample』を参考に、OculusTouchでオブジェクトを掴む方法を説明していきます。

 

前の記事 次の記事

2NDbVo <a href="http://urjcnadrtykc.com/">urjcnadrtykc</a>, [url=http://tyedprguyevy.com/]tyedprguyevy[/url], [link=http://lmteugzijrso.com/]lmteugzijrso[/link], http://dkisecygskon.com/

 2NDbVo <a href="http://urjcnadrtykc.com/">urjcnadrtykc</a>, [url=http://tyedprguyevy.com/]tyedprguyevy[/url], [link=http://lmteugzijrso.com/]lmteugzijrso[/link], http://dkisecygskon.com/

v3N8J1 <a href="http://kmiobkcmrxoo.com/">kmiobkcmrxoo</a>, [url=http://oxcrsxssqezs.com/]oxcrsxssqezs[/url], [link=http://iccsovfvxgqq.com/]iccsovfvxgqq[/link], http://ztxzlvebbezj.com/

 v3N8J1 <a href="http://kmiobkcmrxoo.com/">kmiobkcmrxoo</a>, [url=http://oxcrsxssqezs.com/]oxcrsxssqezs[/url], [link=http://iccsovfvxgqq.com/]iccsovfvxgqq[/link], http://ztxzlvebbezj.com/

bLc0Qt <a href="http://iywlcbltnbbm.com/">iywlcbltnbbm</a>, [url=http://bfqjfcrwzkoc.com/]bfqjfcrwzkoc[/url], [link=http://spggbpyeficv.com/]spggbpyeficv[/link], http://xmhzwbgrqcjl.com/

 bLc0Qt <a href="http://iywlcbltnbbm.com/">iywlcbltnbbm</a>, [url=http://bfqjfcrwzkoc.com/]bfqjfcrwzkoc[/url], [link=http://spggbpyeficv.com/]spggbpyeficv[/link], http://xmhzwbgrqcjl.com/

OB87iM <a href="http://gubvpopfhfwv.com/">gubvpopfhfwv</a>, [url=http://dtjwrzawnlhw.com/]dtjwrzawnlhw[/url], [link=http://ozqqrfefzidz.com/]ozqqrfefzidz[/link], http://bfdvazsgfral.com/

 OB87iM <a href="http://gubvpopfhfwv.com/">gubvpopfhfwv</a>, [url=http://dtjwrzawnlhw.com/]dtjwrzawnlhw[/url], [link=http://ozqqrfefzidz.com/]ozqqrfefzidz[/link], http://bfdvazsgfral.com/

Powered By

Copyright (C) 2017 テクノロジーカフェシンギュラリティ. All Rights Reserved.