投稿日:2017年10月09日  カテゴリー:VR  投稿者:SingularityMaster

■SDKに付属しているサンプルについて

UnityにOculusTouchを使うためのSDKをインポートしたところで、SDKに付属しているサンプルを試してみましょう。

 

 

サンプルは、OvrAvatar->Samplesというフォルダの中にあります。5つのサンプルフォルダがあるので、それぞれのフォルダの中に入っているunityファイルを開いて実行してみましょう。

 

 

ちなみに、初回の実行時にOculusUtilitiesのバージョン変更を促すメッセージが出るかもしれません。バージョン変更は不要なので、必ず「No,Don'tAsk Again」を選びましょう。

 

■Contorollersサンプル

 

これはOculusTouchのコントローラー表示のサンプルです。自分がコントローラーを操作する動きをリアルタイムに確認することができます。ゲームの操作説明などのシーンによく使われる表示です。

ちなみにLocalAvatarのInspectorのStartWithControllerのチェックを外すと手のみの表示になります。

 

■GripPosesサンプル

これはハンド表示のサンプルです。ただし、カスタムしたハンドポーズを表示するサンプルらしく、初期状態では手を開いたポーズで固定されています。

LocalAvatarのInspector中のLeftHandCustom、RightHandCustomという変数にカスタムポーズが設定されています。これをDeleteで削除すると、通常のうごく手になります。

 

■LocalAvatarサンプル

これは自分のアバターを第三者目線で見れるサンプルです。もちろん自分の動きがリアルタイムに反映されます。これはよくVRゲーム中で、自分の装備などを確認するときに使われるものですね。

 

■RemoteLoopbackサンプル

これも自分のアバターを第三者目線で見れるサンプルなのですが、動きの反映にちょっとラグがあります。どういうことかと言うと、こちらのアバターはパケット通信を介して、プレイヤーの動きをアバターに反映しているっぽいです。つまりネットワークゲームなどで使うアバターの仕組みを紹介しているっぽいですね。

 

■SocialStarterサンプル

これはOculusPlatformの機能を使って、友達のアバターを自分の仮想ルームに招待できたりするサンプルっぽいうです。ただし、他のサンプルと違って、色々準備をしないと使えないので、この記事では割愛します。

 

 

さて、以上がSDKに付属するサンプルです。これらのサンプルをベースに自分のプロジェクトを作成すれば、より簡単にOculusTouchを使ったコンテンツを作成できると思います。ぜひ活用しましょう。

 

次の記事では、これよりさらに参考になる「Avatar Grab Sample」というものを紹介します。

 

前の記事 次の記事

Powered By

Copyright (C) 2017 テクノロジーカフェシンギュラリティ. All Rights Reserved.