投稿日:2017年07月28日  カテゴリー:VR  投稿者:SingularityMaster

■Unityは誰でもVRコンテンツを作ることができる無料の開発環境

「Unity(ユニティ)」は、複雑なプログラムを書くことなく、誰でも簡単にVRコンテンツを作ることができる開発環境です。本ページでは、無料で使えるPersonal版のインストールを紹介します。Unityのバージョンは2017です。

※ちなみにUnityの無料版と有料版の機能的な違いはありません。ただし、無料版を使用した場合、商用利用には制限があります。

 

■Unityのインストール

まずUnityの公式サイトにアクセスします。

http://japan.unity3d.com/

 

 

Unity公式サイト右上の「Download」をクリックします。

(スクリーンショットは2017年8月現在のものです)

 

 

次の画面で、「インストーラーをダウンロード」をクリックします。インストーラーがダウンロードされますので、ダウンロードが完了したら、ダウンロードした『UnityDownloadAssistant-2017.1.0f3.exe』を起動します。

 

以降はインストーラーの手順に従ってインストールします。

インストールにかかる時間は、だいたい30分~1時間ほどかかります。

以下に手順を示します。設定は全てデフォルトで構いません。

 

 

これでUnityのインストールは完了です。

次はUnityのアクティベーションを行います。


次の記事

Powered By

Copyright (C) 2017 テクノロジーカフェシンギュラリティ. All Rights Reserved.